マイナンバーとは何か?

マイナンバーとは、日本に住民票を持つ全ての人に、一人に一つずつ、つけられる個人番号(12桁)のことです。

マイナンバーとは何か?

マイナンバーは「マイナンバー法」(正式には「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用などに関する法律」)に基づいて付与されます。

マイナンバーを利用して、国が行うマイナンバー制度が推進されます。

マイナンバーの法律上の正式名称は「個人番号」ですが、募集によって「マイナンバー」という愛称になりました。

マイナンバーは一生使うものです。特別な場合を除いて、一生変更されません。

マイナンバーの通知

2015年(平成27年)10月から、住民登録している全ての人に「個人番号」(マイナンバー)が、全ての法人には「法人番号」が通知されます。

マイナンバーの通知は
・住民登録している市町村から
・住民票の住所宛に
「マイナンバー通知カード」が送られてきます。

マイナンバー制度の目的

マイナンバーは、国や行政など複数の機関に存在する各個人のさまざまなデータをひもづける事で、より効率的で効果的なサービスを提供することを目的に導入されます。