通知カードとは何か?

通知カードとは、日本に住む全住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするカードです。

通知カードとは何か?

通知カードとは、市町村が個人番号(マイナンバー)をお知らせするために送付するカードです。

マイナンバーは2015年(平成27年)10月時点の住民登録に基づいて自動的に付番され、赤ちゃんからお年寄りまで全ての人に個人番号通知カードが届きます。

通知カードには、「個人番号」「氏名」「性別」「生年月日」「住所」が記載されています。

通知カードは制度開始時点で送付されるとともに、万一、番号の漏えいなどでマイナンバーが変更されたときにも送付されます。

通知カードの使い方

通知カードは、行政機関等に自分の個人番号を伝える際に証拠として提示することができます。

通知カードが届いた後に転居をした場合は、転入した市町村に提出して内容を変更する必要があります。

通知カードは、市町村で個人番号通知カードを受領するときに交換で提出します。

通知カードで本人確認は出来ない

通知カードには本人の顔写真が掲載されていないため、本人確認には使えません。

そのため通知カードで自分の個人番号を伝える際には、運転免許証等の本人確認書類を同時に提示しなければなりません。